工作機械部品事業

金属を削って、何でも創る

石金精機の礎

工作機械部品事業が手掛けるのは、工作機械で使われる精密な機械部品。

自動車部品や航空機部品などの製品は、全てこの機械から生まれるためマザーマシンとも呼ばれております。当然、マザーマシンで使われる機械部品はトップレベルの精度が求められます。

石金精機では創業以来、マイクロメーターや基準ゲージといった測定器具製作で培ってきた技術を、材料の手配から加工、焼き入れ、研磨、表面処理、検査といった各工程で活かし、わずかな誤差も許されないミクロン単位の加工を実現しています。

また、半世紀以上に渡って受け継いできたノウハウを最新鋭の機器に応用するなど、常に工程の再構築を行うことで高度な要望にもご対応。チタンやインコネル、ハステロイといった難削材加工でも高い評価をいただいています。
さらに、設計から加工まで一貫した製造体制をとっており、お客様のご要望に沿った確かな仕様のご提案とよりスピーディな納品が可能です。

私たちの仕事は、金属を削って形をつくることです。

時代と共に「つくるものの形」は変わっても、「金属を削る」というものづくりの原点は不変です。

ずっと変わらないものを大切に守り、更に前進するため、私たちは技術を高め、仕組みをつくり、果敢に挑戦し続けます。

職人技

石金精機では最新鋭の機械の導入を進めておりますが、旋盤やスライス盤といった手動の汎用機械を使った昔ながらの加工も継続して行っています。

それは、五感を研ぎ澄ませてつくるものづくりの基本を身に付けるためです。どんなに高性能な機械でも操作するのは人です。手に伝わる振動や金属が削れる音を聞いて状況を判断する金属加工の基礎がなければ、機械の性能を最大限に活用できないのです。

また、当社がこだわる社内での一貫製造も、人材育成の面でよい影響をもたらしています。

製品が完成するまでの全工程を間近で見ることができ、どのような加工をすれば次工程がスムーズに進むのかといったフィードバックを実際の作業を通して得られる環境は、職人として成長しようとする意欲を引き出します。そして、各人の習熟度に合わせてベテランの職人が実践的な指導を行っていることも技術向上に繋がっています。

最新鋭設備での製作事例

富山県のプロバスケットボールチーム「富山グラウジーズ」のオフィシャルパートナーである石金精機が、5軸マシニングセンタで選手のトロフィーを製作いたしました。

お見積り・ご相談 TEL:076-423-8317
採用・ISO関連 お問い合わせフォーム

株式会社石金精機

〒939-8032 富山県富山市流杉255

ISO